VirtualBoxとはWindowsやMac、LinuxOSなどで動作することができる仮想化ソフトだ。有名所で唯一「Windows, Mac, Linuxの3種OSに対応している」仮想化ソフトになる。このVirtualBoxは単体でも非常に強力なツールだが、WEB業界で利用される場合は他ツールと連携して利用するシーンが多い。

今回は、VirrualBoxと連携して利用されることが多いツールを4つ紹介する。ちなみにどれも無料で利用可能だ。

VirtualBoxと連携するツール

  • virtual machines(旧Mordan.IE)
    Macをはじめ、virtualBoxを始めとした仮想化ソフト内で、各種IE(win7内のIE9)の動作確認ができる。IEのバージョンごとの確認をできる他、win7、win8、win10ごとのOSでの表示違いも確認できるため、サイト表示・動作チェックには必須のツール。
  • vagrant
    開発環境を構築するツール。virtualbox単体でもある程度できないこともないが、チームで同一の環境を構築したりするときなどに強力な手段である。こってりしたものから簡易的なものまで・・・LUMP環境を簡単に作れるScotch Boxなどもありかなりのスピードで開発環境を立ち上げられる。
  • Docker
    vagrantと親しい類にあたし同じようなことができるが微妙に用途が違う。KitematicというGUIアプリケーションがあり初回ラーニングのハードルが低い(低そう)なのが魅力的。現在勉強中。
  • Local by Flywheel
    ローカルでのwordpress開発に特化したDockerベースのGUIアプリケーション。もうこれ、簡単&必要最低限の設定が可能でwordpress開発にかなり便利。テーマ開発程度であればLocal by Flywheelひとつでもろもろ解決。現在はMac版しかないがWindows版も開発中。

時間を見つけて、それぞれの導入方法や便利なつかい方など書いていきたい。

  • 2017/01/30
  • 110
  • 0

関連記事

コメントを残す