eye-catch-yepnop

2015/1/13更新

yepnope.jsの新バージョン「2.0.0」がリリースされてドキュメントにいろいろ書いてある。

We don’t officially endorse any replacement, however we strongly suggest you follow an approach using modules, and then package up your application using require.js, webpack, browserify, or one of the many other excellent dependency managed build tools.
ざっくり約
私たちは、今後モジュールを利用したアプローチに従っていく。
require.js、WebPACKの、browserify、またはその他の優れたアプリケーションを利用してパッケージ提案していく。

ふむふむ。

we’re also not going to include yepnope in the next version of Modernizr as Modernizr.load.
ざっくり約
それらの理由から、Modernizrの次のバージョンでyepnopeを含めるつもりはない

ということらしい(であってるかな)。

もともとyepnopeを利用していた理由は、

  1. 必ず入れているMordernizrに同包されている
  2. 独立していてシンプルで取っ付き易い。

だった。今後、モジュール管理を念頭に開発を進めるということであれば、現状は、すでにJSの非同期・遅延/モジュールローダーとして立場を確立しつつあるrequire.jsを利用したいところ。

ということで、一晩悩んだんだけど、アミテンではrequire.jsの利用へシフトすることにした。

ということで早速、簡単な使い方をまとめました。
始めての方へのrequire.jsの簡単な使い方

でも、yepnopeとか、超かわいい名前をつけるセンスが(個人的に)大好きなので、ウォッチは続けたいと思う。


以下2015/1/7の記事

メモです。

yepnope.jsの新バージョン「2.0.0」がリリースされています。

https://github.com/SlexAxton/yepnope.js

バージョン2は、バージョン1.xからの大きな転換である。私たちは、開発者の方向は、パフォーマンスではなく、うまく扱えないユーザーが利用可能とするための最良の意思決定を下すことができたと感じている。

2.0+の変化:

ライブラリ全体書き直し
新しいBSDライセンス変更
非推奨ライブラリー

読み込みが甘いのでなんとも言えないですが、気軽にアップデートすると(サイトが)爆発するかもしれません。とりあえず、最新のModernizr2.8.3では、yepnope1.5xが利用されているようなので、引き続き1.5xを利用するのがいいかとおもいます。

page
1 / 1